Blog記事一覧 > 未分類 > 痛みの症状と食べ物飲み物の関係

痛みの症状と食べ物飲み物の関係

2015.06.20 | Category: 未分類

みなさんこんにちは!(^^)!
朝晩は過ごしやすい日が続いていますね。
朝方は血液の循環が一番静かになる時間帯なので朝方足の引きつりや腰の痛みが出やすいので、
お腹からしたを温めれるよう靴下やレッグウォーマー、腹巻の三点セットをおすすめします。

痛みは意外な食べ物や飲み物により出ている場合があるのをご存知ですか?
皆さんが良く摂っているコーヒーなども、個人差はありますが一定の量を超えるととても身体を冷やしてしまいます。
お腹を下したりする場合も多く、特に缶コーヒーの様に一番身体を冷やす砂糖が多く含まれるものはできるだけ少なめに
摂取することで痛みの悪化を防げます。他にもたくさんコーヒー以外に悪影響になってしまう場合のものがあります。
関係ないように思えますが、口から摂るもので身体や体質が変わるのです。
例えばですが、頭痛が起きた際に痛みどめを飲む以外に、お腹の循環を良く(温める)することで改善されたりと、
そういった簡単なことで改善される場合もあります。
名古屋市北区上飯田の太陽の接骨院では、治療と共に生活の中にも痛みの軽減できる方法や予防できることをお伝えしています。
なかなか痛みが改善されないなど身体をしっかり治療したい方はご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒462-0804 愛知県名古屋市北区上飯田南町5−20 レグノ・アレッタ110
駐車場3台あり
近隣のコインパーキングをご利用ください
電話番号052-981-7765
休診日木曜・土曜午後、日曜日