ホーム > Blog記事一覧 > 2015 6月の記事一覧

交通事故治療優良治療院

2015.06.22 | Category: 未分類

みなさんこんにちは~!(^^)!

今、交通事故の予防の為最近警察官がよく道路の整備をしているのをよくみかけます。
通勤通学の時間や、夕方の帰宅時間などさまざまな時間帯で白バイなどもよくみかけます。
事故には遭いたくないと願いますが、いつ起こるかわからないのでしっかりと注意したいものですね。
最近では自転車の運転の規制も厳しくなっているので事故が減っていけばいいなと思います。

皆さんは事故に遭われた経験はありますか?
例えば事故後の痛みが取れない事や、事故後の治療の不安や困ったことの経験また、お知り合いの方が
事故に遭われて困っているなど、交通事故後の痛みやご相談がありましたら、太陽の接骨院では、
交通事故治療優良治療院に認定されていますので、事故後お困りのことがあるときご相談いただきますと
しっかりサポートしていくことができますので、痛みの治療はもちろん保険などの詳しいお話もご相談いただけます。
現在お困りお方、お知り合いでお困りの方がいらっしゃいましたら、名古屋市北区上飯田の太陽の接骨院までご相談ください。

~お知らせ~
太陽の接骨院のFacebook、LINEのページができましたので、ぜひご利用ください。
身体の豆知識や太陽の接骨院のお知らせなど載せていきたいと思います。
よろしくお願いします(*^-^*)

痛みの症状と食べ物飲み物の関係

2015.06.20 | Category: 未分類

みなさんこんにちは!(^^)!
朝晩は過ごしやすい日が続いていますね。
朝方は血液の循環が一番静かになる時間帯なので朝方足の引きつりや腰の痛みが出やすいので、
お腹からしたを温めれるよう靴下やレッグウォーマー、腹巻の三点セットをおすすめします。

痛みは意外な食べ物や飲み物により出ている場合があるのをご存知ですか?
皆さんが良く摂っているコーヒーなども、個人差はありますが一定の量を超えるととても身体を冷やしてしまいます。
お腹を下したりする場合も多く、特に缶コーヒーの様に一番身体を冷やす砂糖が多く含まれるものはできるだけ少なめに
摂取することで痛みの悪化を防げます。他にもたくさんコーヒー以外に悪影響になってしまう場合のものがあります。
関係ないように思えますが、口から摂るもので身体や体質が変わるのです。
例えばですが、頭痛が起きた際に痛みどめを飲む以外に、お腹の循環を良く(温める)することで改善されたりと、
そういった簡単なことで改善される場合もあります。
名古屋市北区上飯田の太陽の接骨院では、治療と共に生活の中にも痛みの軽減できる方法や予防できることをお伝えしています。
なかなか痛みが改善されないなど身体をしっかり治療したい方はご相談ください。

骨盤矯正(産後も含む)

2015.06.16 | Category: 未分類

こんにちは~!(^^)!

皆さんは腰痛やなんとなく腰や肩がだるいなど感じることがあるかと思います。
やはり日々の生活の中での日中の姿勢や寝る時の姿勢で骨盤などの位置関係によって痛みやだるさが生まれます。
両立してインナーマッスル強化などもしていくとより予防ができます。お時間や場所がない方に、太陽の接骨院では、楽トレがおすすめです。

女性の方で出産などによって骨盤への影響が大きくその周りのいろんな筋肉に負担がかかります。
名古屋市北区上飯田の太陽の接骨院では、骨盤の調整はもちろん、産前産後のさらし固定やむくみ予防のお話などもアドバイスしています。
現在通われている妊婦の患者様もさらし固定により骨盤の安定や動きやすさ、固定力などご満足いただいています。
今は、とても簡単に履くタイプのガードルが主流ですが、やはりさらしでの骨盤の固定により産後の体系の戻りなどにもとても影響します。
面倒だなとゆうのがイメージかと思いますが、巻きだすと身体が変わりますので『手間より変化』と実感できます。
(もちろん、さらしが必要かどうかなどきちんとした問診が必要となります。)
問診をしっかりすることで、まず自分がどのような状態なのか把握し最善の治療は何をしていけば良くなり
どう予防するのかなど明確化できることで、完治の後も痛みを繰り返すことを最小限に食い止めることができるので、
名古屋市北区上飯田の太陽の接骨院では、自分の身体の状態をきちんと把握して頂ける問診からのスタートとなります。

辛い痛み

2015.06.15 | Category: 未分類

皆さんこんばんは~!(^^)!
名古屋市北区上飯田の太陽の接骨院です!

梅雨時期の晴れの日は洗濯物をたくさんしてしまいますね。うちだけでしょうか。。。

さて、辛い痛みの時皆さんはどのようにされていますか?
とりあえずシップを貼って様子見る
氷でひやしてみる
温める
カイロを貼る
寝る
病院で検査してみる
いろいろな手段がありますが、どれの選択が正しいかはケースバイケースです。
その人個人個人、時と場合によっても冷やすのか温めるのかも違います。
スポーツや衝撃などによる痛み(炎症)の場合は冷やし、何もしていないのに痛みが発生した場合は基本温めが効果的といえます。
特に腰の急激な痛みや耐え難い腰の痛みの場合病院の検査も、骨や神経に異常がないかの見極めになりますので重要になる場合もあります。

名古屋市北区上飯田の太陽の接骨院では、そういった辛い痛みをとる器械を取り入れ患者様に満足して頂いております。
特に抜け出せないような休めないお仕事をされている方や、家事育児に忙しい主婦の方まで、短期に痛みを何とかしたい方にお勧めです。
その他、痛みの予防策(痛みを繰り返さない)などもアドバイスしています。
いつも痛みと戦っている、痛みどめを飲み耐えている方はぜひお試しください。
アフターケアもしっかりサポートしていきます!

梅雨と痛みの関係

2015.06.12 | Category: 未分類

皆さんこんにちは~!(^^)!
梅雨の時期に入りましたがみなさん体調の変化はいかがでしょうか?
梅雨の時期は、自然に体に湿気がまとわりついて身体が冷やされやすいのです。
冷えると感じる人はごくわずかで、何らかのいたみなどが出てから気が付くもので、
こんなに蒸し暑いのに冷えるはずがないと思うのが普通です。
気温の上昇と共に薄着になり、家の中でも素足になりますし、冷たい飲み物にも変わっていきます。
お風呂もシャワーだけになり身体を温めることはだんだん少なくなります。
そうしているうちに一日の中で身体を温める時がなく身体の循環が悪くなって痛みが出てくるのです。
ですから、夏こそシャワーだけでなくお風呂に浸かってからだを温めることがとても大切です。
家の中にいる時も足元は靴下をはくことをおすすめします。夏だから暑いし…と思うと思いますが、お腹から下を温めてもさほど
暑さの変化はありません。気持ちは暑いかもしれませんが履いていなくても暑いときは暑く感じます。
痛みが出た時の状態などにもよりますが、できる限り綿の衣類をまとい、汗をかいたら取り換えるなどをして身体をなるべく冷えにくいようにもっていきます。
お腹をさわって冷たいと感じる方は、寒さや冷えを感じなくても冷えていることが多いとされます。
梅雨時期で体が冷やされ、飲み物の変化でもからだを冷やされ、これからはその上に冷房が入ると痛みを持つ方は何もしていないのに痛みが増したり、頭痛、肩こり、腰痛
、朝の目覚めが悪い、なんだかだるい、気力がわかないなど精神的にも影響が出る場合のある季節となります。
名古屋市北区上飯田の太陽の接骨院では、あらゆる角度から根本原因を追求し、『痛みを取る、治す』治療をします。

お腹から循環を良くする箱灸(オリジナル)による治療もあります。
とてもリラックスでき人気のお灸です。

つらい季節も一緒に乗り越えていけるようサポートしていきます!
雨が多く気分も変化しやすいですが、元気に明るくいきましょう(*^-^*)

当院へのアクセス情報

所在地〒462-0804 愛知県名古屋市北区上飯田南町5−20 レグノ・アレッタ110
駐車場3台あり
近隣のコインパーキングをご利用ください
電話番号052-981-7765
休診日木曜・土曜午後、日曜日